文献5(NIES-DP)は投稿規定等に違反して文献3(2007EcoMod)を転載したものであり、違法な重複発表をごまかすために、オリジナル論文の出展を改ざん、出版目的を捏造して発表した印象があります。事実ならば二重投稿が疑われます。

☆両論文の内容の同一性

両論文を比べれば同一であることは明白です。例えばIntroductionは完全に同じです。

--
(NIES-DP)- キャッシュ

1. Introduction
The first period of the Kyoto Protocol begins in 2008. However, as yet, Japan has no policy for meeting its Kyoto targets. Implementing a CO2 abatement policy is difficult because of strong opposition from Nippon Keidanren (the Japan Business Federation). This is because a CO2 abatement policy will increase their production costs, particularly for carbon-intensive industries. Table 1 shows the effects of abatement policy on the Japanese economy predicted by a number of models. This table shows that the CO2 reductions required to meet the Kyoto target would cost the Japanese economy between 5,300 and 45,000 yen per ton of carbon (t-C). These abatement costs would mainly be borne by large emitters such as the electricity, transport, iron and steel and clay industries, as is shown in Figure 1. Therefore, it will be difficult to get these industries to support a CO2 abatement policy.

・・・

(2007EcoMod) - キャッシュ

1. Introduction
The first period of the Kyoto Protocol begins in 2008. However, as yet, Japan has no policy for meeting its Kyoto targets. Implementing a CO2 abatement policy is difficult because of strong opposition from Nippon Keidanren (the Japan Business Federation). This is because a CO2 abatement policy will increase their production costs, particularly for carbon-intensive industries. Table 1 shows the effects of abatement policy on the Japanese economy predicted by a number of models. This table shows that the CO2 reductions required to meet the Kyoto target would cost the Japanese economy between 5,300 and 45,000 yen per ton of carbon (t-C). These abatement costs would mainly be borne by large emitters such as the electricity, transport, iron and steel and clay industries, as is shown in Figure 1. Therefore, it will be difficult to get these industries to support a CO2 abatement policy.

・・・
--

☆投稿規定や公式見解違反

47-1
図1 投稿規定 - キャッシュ -クリックで画像大に

投稿規定には明確に「掲載する論文は未発表のものに限」る、研究論文は「独創的研究」が要求されると記載されており、明らかにオリジナリティが要求され、未発表のものしか掲載できないと定められています。

47-2

図2 国立環境研究所の公式見解 - キャッシュ -クリックで画像大に

さらに、国立環境研究所は「学会等で公表する前に、ディスカッションペーパーとして」発表するという趣旨の公式見解を示しています。

投稿規定や国立環境研究所の公式見解に従えば、2007EcoModのような国際学会で公表した論文は掲載できません。掲載すれば投稿規定等の違反ということになります。

☆重複発表するために虚偽の出展や目的を記載(私見)

47-3

図3 オリジナル論文の出展の改ざんと出版目的の捏造 - NIES-DPより -クリックで画像大に

著者の主張によればNIES-DPのオリジナル論文は『炭素集約産業の負担軽減をともなう国内排出削減政策』(計画行政, 第31巻2号,pp.72-78, 2008年 - 文献4[2008計画行政])で、NIES-DPはこれをより詳しい内容にし、日本語から英語に翻訳して新しい読者層(非日本人研究者)に発表することを目的にしており、これが重複発表の正当理由のようです。

しかし、指摘項目#13,#14で述べたように、客観的にはNIES-DPは同一言語、同一内容で不特定多数に向けて既に発表されていた2007EcoModを複写して作成しており、(1)著者がオリジナル論文を正しく認識していなかった、(2)改めてNIES-DPを非日本人研究者向けに発表する意味はないことを認識していなかった、とは考え難い印象を受けます。

あくまで私の印象ですが、図3のようなオリジナル論文の出展や目的の記載は違法な重複発表をごまかすための虚偽記載で、本当の目的は単に業績を水増ししたかっただけのような感じを受けます。

事実なら、このような出版は違法だと思います。