文献9(2008社会系セミナー)は産業の種類が異なるにも関わらず、一部の産業で生産量が同一である。従って、データの使い回しが疑われる。故意の場合は改ざん。

この使い回しは阪大DP・2008ESRIと2008社会系セミナーで分析条件を変更して流用(改ざん)された生産量データに、重複発表がばれないように、さらにデータの一部に加工(改ざん)が加えられたものとだという印象を受ける。

26-1
(注)図中の改ざんは故意の場合
画像をクリックするとより大きく鮮明な画像になるので、そちらをご覧ください。