文献8(阪大DP)・文献7(2008ESRI)と文献9(2008社会系セミナー)では分析の前提条件である代替弾力性推計値を用いた産業数が異なるにも関わらず、マクロ変数データが同一である。従って、データの使い回しが疑われる。分析条件の違いを認識した上で使いまわした場合は改ざん。
23-1
(注)2008ESRIは阪大DPと同じ内容なので2008ESRIについての不正の指摘はこの説明図で十分なので、省略。

画像をクリックするとより大きく鮮明な画像になるので、そちらをご覧ください。