文献1(2006社会系セミナー)と文献2(12th AIM)の生産量データは、CO2削減のための負担軽減措置(減税措置等)が異なるにも関わらず酷似している。このようなことは通常あり得ず、データの使い回しが疑われる。分析条件が異なることを認識した上で故意に使いまわした場合は改ざん。またどちらの文献でも適切な引用はない。両文献の生データの確認が必須。
2-1

画像をクリックするとより大きく鮮明な画像になるので、そちらをご覧ください。